Sightseeing In The Heaven Vol.6 つやちゃんドラム復帰の巻。

つやちゃんが戻った!完全ドラム復帰!!
6月末のケガから昨日のライブの11月23日まで、何秒かかったんだ!
て、そこは何ヶ月でいいんですが、4ヶ月半以上もブランクがあったわけですねー。長かったですねー。
でもつやちゃんの努力のかいあって演奏は全く問題無し、すばらしい叩きっぷりでしたヨ。

さて、この日ご一緒したのが、双六亭と福岡史朗&フリルだったわけですが、一番目に出た双六亭には度肝を抜かれました。
軽快なロックで、アレンジの引き出しが豊富な上にコーラスが3声でピタっとハモってて、
何と言ってもいちばん大事な楽曲が全部素晴らしかったです、感動したな〜。
おまけにトークも面白くて会場が一気に暖まりました。

次に、史朗さん率いるフリル。
いつもながら、ご機嫌が代名詞かってくらい、思わず腰が浮くようなステキな音楽を聴かせてくれました。
新譜を出したばっかりで、新譜とともにシャレオツなオリジナルTシャツが飛ぶように売れてました。
うらやますい〜、うちも作りたいな〜。

そして我が大なり><小なり。
つやちゃんはケガしてたのを感じさせないくらい、頭からドカスカやってくれたので、何の心配もなく楽しく演奏できました。
いやしかし、久々にオリジナルメンバーでお客さんの前で演奏するというのは興奮しましたなあ。
で、この日のメインは新曲「ハカナシ」の初披露。
この曲は先にメロディーができてて、どんな詞にしようかなと考えたとき、

ハマってたゾンビものの海外ドラマ「ウォーキングデッド」の
テーマソングみたいなのはどうだろうかと思って書きました。
ちなみにタイトルはライブ当日メンバーと相談して決めました、ギリギリか!
出演者やお客さんにはキングクリムゾンみたいやら、ナックみたいやら言われて、
どちらも正解ですなw
しかしいきなりゾンビの曲って・・・我ながら・・・大丈夫かいなw

この日出演したバンドは奇しくも、3バンドとも4人編成、楽器構成もいっしょ、ドラム、ベースにギターが2人。
おまけにドラマーは全員女子という、けっこうな偶然。
なのに!出てくる音は全く別もの!!・・・うーん、だからバンドはオモロい!

[セットリスト]

1.塩の水
2.今日でおさらば
3.Sightseeing In The Heaven
4.オルタナティブ街道
5.ストレートネックブルース
6.ハカナシ
7.変身
8.ハトなんですが
—-アンコール—-
9.ケネディ

syugo

この日の楽しさが伝わる写真。
でも実は、集合写真を撮った後フリルの三輪さんがいなかった事が発覚!
なので当日フリルが演奏している時の写真から切り取って、よくあるあの感じにしました。
ある意味おいしい?三輪さん失礼しました!

コメントは受け付けていません。