2014/6/28(Sat)大なり><小なり@代々木バーバラ(柴山一幸レコ発)

ああ、これ言うのもう何回目だろう。。。
’今回も足元悪い中’ライブにお越し頂いた皆様ありがとうございました!
いやー、降らすねー、オレ。ま、ま、ま、梅雨ですから。

一幸さんおつかれ様〜!というわけで今回はレーベルメイトである柴山一幸さんのO.A.をつとめさせていただきました。
お客さんの雰囲気がすごく良くてO.A.であるにもかかわらず盛り上がっていただきました。
その後の柴山一幸 & Beautiful Daysの盛り上がりはそれはもう、ものすごかったですが。

はい、今回も新曲を用意しました!
タイトルは「カンタンです」。
・・・・そしてとうとう、この話をする時が来ましたか、この曲の誕生秘話。ここから長いですよw
前にうちの宙ちゃんが、「一生に一度しか聴けない曲」という企画を持って来ました。
その恐るべき内容とは、大なり><小なりの新曲を1曲ネットで聴けるように、するにはするのですが、
PCのプログラムで1回しか再生できないようにして、
この先も、その曲をメディアにする事も、ライブでも演奏しちゃダメという条件。
まさにパソコンで一回限りの曲にするという前代未聞の企画でした。
で、曲は(一回しか聴けないので)インパクトのあるものにしてくれというオーダー。
ま、ぶっちゃけ話題作りではあったのですが、手を抜いてつまらない曲だと話題作りにもならない。
期間もあまり無かったけど挑戦の意味で、先にタイトルを「カンタンです」と決めて作りはじめました。
ところが出来たものを聴かせたら、ディレクター宙ちゃんの(伊達)眼鏡にはかなわず、別のにしてくれと言われました、ガーン!
が、もうさすがに作る時間がなかったので、
昔作りかけてた曲を引っぱりだして何とか出来たのを聴かせたら、そちらが採用になりました。ほっ。
でも一回しか再生できないようにしたにもかかわらず、
公開してしばらくしたら、誰かがYouTubeに上げ始め、
今現在でもいくつか上がってて「一生に一度」どころか何回でも聴き放題ですwww
さっき久々にいってみたら、つもりつもってけっこうな再生回数になってました。
ひどいコメントが多いのも笑えます。
興味のある方は「一生に一度しか聴けない曲」で探して聴いてみて下さいね、ぜひぜひ。
映像は「><」マークのアニメになってて楽しいですヨ。
で、まあどっちかっていうと「カンタンです」のほうがいい曲なので、
結果的にはそれで良かったなあ、という話ですた。

セトリンゴ。

1.おしゃれなうた
2.ハカナシ
3.ストレートネックブルース
4.変身
5.カンタンです
6.フレット
7.ハトなんですが

わ、もうミニアルバム「ミーティン」からの曲が無ゃー!新しい曲ばかりだ。
ところで、今のところですが今回が今年最後のライブでした。
それはちと、さみしいな。
まだあったりするのかなーと期待を込めつつ。

2014_06_28_12014_06_28_3

2014_06_28_2

ザジさん写真ありがとうございます!

夕べはとっても歴史的なラグ・タイム

昨日は、第5回ロマンティック研究所、
ご来場とってもとってもありがとうでした。
念願のあがたさんとの共演。
みなさんも楽しんでもらえたとは思いますが、
実はジャック達が1番楽しんでおりましたとさ。
そんでは、ゆうべのセット・リスト。
ばばん!

2014/06/27 第5回ロマンティック研究所 演目
1 ロマンティック・ラボラトリー
2 ここで手をつなごう
3 ジェット・セット
4 キッチンでデート
5 セラピィ・アゲイン
6 潮流
7 スーパーソニック・トースター
8 アーケード・カスケード

+++++++++++
あがたさん登場
9 固い氷を破って夜汽車の窓で
10 ひとりぴくにっく
11 サテライト・オブ・ラブ with えみちゃん&つやちゃん
12 百合コレクション with えみちゃん&つやちゃん
13 ブリキ・ロコモーション with えみちゃん&つやちゃん
+++++++++++++

14 禁断のチョコレート・エンジェル
15 東京一悲しい男
16 ジャンパー
17 今すぐ帰りたい

++++++++++++++++++++
アンコール


そしてふたたびあがたさんと、
大寒町

あがたさん、こんなオレ達におつきあいいただき
ありがとうございました。
またいつか、ご一緒したいものですね。
20140628-100318-36198210.jpg20140628-100318-36198749.jpg

いよいよ来週に

迫ってきたよん。
第5回ロマンティック研究所。
JACK-140627_w
■ジャック達の「第5回ロマンティック研究所」
ROMANTIC LABORATORY vol.5
ロマンティック。そのなんの腹の足しにもならないもの。
そんなものに人々は苦悩する。
ロマンティックとは、いったい何なのだろう?
それを考察するジャック達の「ロマンティック研究所」第5回。
今回はロマンの巨匠、あがた森魚さんをゲストに迎え開催します。

出演:ジャック達(一色進/宙GGPキハラ/夏秋文尚)+大田譲(fromCARNATION)
□ GUEST:あがた森魚
●2014年06月27日金曜日@吉祥寺MANDA-LA2
●開場 18:30/ 開演 19:30
●前売 3000円/当日 3500円

★お問い合わせならびに前売予約
マンダラ2 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-8-6
TEL/FAX:0422-42-1579
http://www.mandala.gr.jp/man2/140627.html

夕べは、あがたさんがツアー中なので、
ジャック達だけあがたさん曲リハ。
毎回思うんだけど、
ロマンティック研究所のリハーサルの時は、
いろんなことを思い出してしまうね。
まあ、若干ネタバレになってしまいますが、
しんぺいのドラムを夏秋が聞きながら叩いてるという、
この人生の不思議。
時代が歪む。
しんぺいとの思い出は数多いのさ。
シネマを脱退した若き日のオレが、
新しいバンドを組むべきメンバー探しに最初に声をかけたのが、
しんぺいだった。
ヴァージンVS時代からライブの打ち上げとかで
妙にウマが合って盛り上がったりしてたのが、
VSのドラマーのしんぺいでした。
オレがシネマをやめた丁度そのころ、
しんぺいもVSを脱退。
これも何かの縁だと思い、
メリーさんにしんぺいのウチまで連れて行ってもらった。
メリーさんは、いつもオレがなにか新しい事を始める時、
そこにいる。
そしてしんぺいの家に着くと変な居候がいた。
ヒッピーが、いたんだよ。
「バンドなんて幻想だ。やめちまえよ!」
とか、叫んでるんだよ。
なんだこいつ、誰なんだよ!
人が新しいバンド組む相談に来てるのに。
このヨッパライが、1週間後にヴォーカリストとしてバンドに参加するのでした。
もうコントだから。笑える。
NIGELの小宮さんです。
そうして、NIGEL誕生。
NIGELは、このあと2年ぐらい活動したかな。
ある日小宮さんが音信不通になり、バンドはそのまま活動休止。
そして、タイツが始まるんでした。
もういろんなこと思い出しちゃうよ。
そんなロマンティック研究所は今度の金曜日だよ。
お楽しみに。

本日2014/06/04(水)発売ですー!

柴山さんの新作が遂に本日発売となりました。是非ともお聴き下さい。

媒体等の露出もまだまだ御座います、ご期待下さいませ~。B5チラシ_omote